先端医療機器で日本と世界を繋ぐ

第30回世界牛病学会2018札幌

2018-9-12
The 30th World Buiatrics Congress 2018 Sapporo(第30回世界牛病学会2018札幌)




 札幌コンベンションセンター

2018年8月29日から9月1日に、The 30th World Buiatrics Congress 2018 Sapporo(第30回世界牛病学会2018札幌)が北海道札幌市で開催されました。
この学会は2年に1度開催されており、世界各国から多くの産業動物の獣医師や研究者が参加されています。
今回はアジア地域で初めての開催となり板橋貿易も参加させていただきました。 
   
乳牛の血液検査装置
搾乳量が多くなるように、乳牛の健康状態を管理します。 
 酪農学園大学と共同研究したレポートと乳牛の周産期病血液検査装置2機種を展示発表しました。このレポートおよび装置は、従来外部検査機関でしか測定出来なかった項目を、農場現場での検査を可能とする画期的な内容です。
   
4日間の会期中、酪農先進国である米国、EU各国、ニュージーランドを始め、南米、中国、アフリカ、中東から参加している多くの獣医師、研究者および酪農関係者が多数当社ブースを訪れてくださいました。
興味深く検査装置に関しての説明を聞いてくださり多くのご要望やご意見いただきました。
ありがとうございました。

皆様からいただいたご意見を元により良い製品開発を行ってまいります。