先端医療機器で日本と世界を繋ぐ

全国眼科学術大会(CCOS)

2018-9-21

板橋貿易は、味の素株式会社のiPS細胞・幹細胞用培地「StemFitシリーズ」の中国内における販売店契約を締結いたしました。「StemFit」は、ノーベル生理学・医学賞を受賞された京都大学iPS細胞研究所《CiRA》の山中伸弥教授と味の素株式会社が共同開発した次世代培地です。 この「StemFit」培地の中国上市を記念したKick-offイベントとして、9月13-16日の4日間、中国杭州にて開催された全国眼科学術大会(CCOS)に出展し、連日多くの眼科医および研究者が弊社ブースに立ち寄られました。
13日にはiPS細胞の研究に関するブースセミナーが開催され、刘教授(江蘇省人民医院)、傅先生(浙江大学医学院付属第二医院)、金教授(温州医科大学付属眼視光医院)、王教授(何氏眼科医院)、王教授(解放軍总医院)、大貫研究員(味の素)の6名の演者による講演が行われました。
 

ご講演いただきました先生方、学術支援いただきました味の素株式会社アミノ酸部培地グループの皆様のお陰をもちまして、CCOS学会「StemFitシリーズ」Kick-offイベントは成功裏に終了いたしました。

今後は、板橋貿易が過去20年眼科領域で蓄積した“総力”をもって、中国iPS細胞・幹細胞用培地のディファクトスタンダードに育てていきます。