先端医療機器で日本と世界を繋ぐ

国民目の日:康橋眼科クリニック、市民の目の健康に心をかけて活躍中

2019-6-10

国民目の日:康橋眼科クリニック、市民の目の健康に心をかけて活躍中
(中国)国内での第24回ラブアイデーの際には、目の保護に関する知識を広め、目の健康と病気の予防意識を向上させ、全国の目の健康レベルをさらに向上させるため、6月6日全国目の日に大連康橋眼科クリニックは公益外来診療を行いました。
公益外来診療サイトでは、地域住民に眼科における一般的な病気の予防、標準化された治療法などを説明して、無料検査を行い、目の保護と眼科の一般的な病気の予防に役立つ情報を提供しました。
 
 
今回の康橋眼科クリニック公益外来診療サイトでは視力検査、細隙灯検査、総合検眼検査、眼底検査、眼圧検査が行われ、検査結果は綿密に説明され、専門的な診断と治療計画は患者さんごとに策定されました。
 
 
同時に、白内障、緑内障、黄斑部などの眼科疾患に関する知識を説明して、住民の眼球健康に関する質問をについて、康橋眼科のスタッフが真剣に回答をしました。同時に、地域住民の視力保護、眼疾患予防するための宣伝資料を配りました。患者さんに食事生活のバランスを取り、外部刺激を防ぎ、眼疾患の早期予防、早期発見および早期治療を促しました。  
 
今回の康橋眼科クリニック公益外来診療サイトでは、80人以上の市民が受診しました。この活動を通じて一般の人々に目保護の良い習慣を宣伝する同時に眼病の治療のリスクや誤解を避ける方法を説明しました。人々の健康に役割を果たしています。